いぼ痔が悪化して大爆発!?パンツ血まみれの大惨事に

お尻のような桃

いぼ痔放置すると大変な事になるので早めの治療を心がけましょう。

スポンサードリンク

パンツ血まみれ事件

どうも、よくお尻に痔が出来るマツボックリです。

この記事は雑記のカテゴリにしようかとも思ったのですが、一応「痔」という病気のお話なので健康カテゴリにすることにしました。

私マツボックリはよくお尻に痔ができます。いつもは放置していると勝手に治るので特に気にしていなかったのですが、先日ついにタイトル通りの大惨事が起こりました。

初期段階

まず最初に痔には肛門の内側に出来る「内痔核」と肛門の外側に出来る「外痔核」という種類があって、今回の私の痔は外痔核が悪化したものだと思われます。

いつもは肛門の内側に出来る内痔核によくなるのですが、肛門の外側に痔ができるのは初めてだったので最初は肛門の横辺りに吹き出物が出来たのかな?という感覚でした。

指で触るとBB弾くらいの小さな膨らみで、座った時にちょっとした痛みはあったものの、放置しておけば治まって行くだろうと考えていました。

肥大化

ところが、2、3日経っても全く治まらないどころか、徐々に肥大化していって1週間後くらいにはパチンコ玉くらいの大きさになっていました。

ここまで来ると、座るとかなりの痛みがあって座るのが苦痛でした。

真ん中に穴があいているクッションを使ったり、片方のお尻に重心を置いて座ったりと、座る時は常に痛みとの戦いです。

しかし、ここまで来ても病院へ行こうだとか、薬局で薬を買おうだとかのアクションは起こしませんでした。

そんなに痛いならさっさと病院へ行け!と思うかもしれませんが、病院だけは行きたくないのです。

なぜなら恥ずかしいからです(笑)

相手が医者であろうが、他人に肛門を見られるというのは恥ずかしいと思うのが当然ですよね。

痔になる人はこの恥ずかしいという気持ちがあるので、病院へ行くのがかなり悪化してからという場合も多いのです。

しかしその考えは間違いであることを身をもって体験することとなったのです。

大爆発

数日間は痔の痛いみとの戦いをしていた私ですが、ついに最悪の事態を迎える事となりました。

外痔核を患ってからは座ると鈍痛がしていたのですが、10日くらい経ったある日座っているとお尻に違和感を感じたのです。

「下痢気味の時におならをしたら、ちょっと出てしまったかも・・・」という時の感覚と似ていて、お尻とパンツがヌメッとした感覚です。

おならもしてないし、下痢でもない・・・

その直後お尻に激しい刺痛がしました。

あわててパンツを脱いで確認すると、どす黒い膿の混じった血でパンツがべっとりと染まっていました。

その後しばらく血が止まらず、ティッシュで拭き続けることに・・・

そして痔がつぶれた時にある程度の膿が排出されましたが、残っていたらまた大爆発しそうだと思い、かなり痛かったのですが指でお尻をつねって膿を絞りだしました。

その後も血が止まらないのでパンツとお尻の間に大量のティッシュを挟んで過ごすはめに。

その後

溜まっていた膿を出し切ったという事もあり、若干の痒みはあったもののその後は徐々に痔が小さくなって収束して行き、現在はほぼ治っているという状態です。

しかし、恥ずかしいからと病院へ行くのを拒んでいると後で痛い目を見るという体験をしたので、皆さんは痔が出来た時は早めに病院へ診察を受けに行く事をおすすめします。

byマツボックリ

ページの先頭へ

ページの先頭へ