飲み方さえ工夫すれば普通に美味しい青汁レビュー

青汁レビュー

もうすぐ30歳になるてきにゅーおしょうですが、生まれて初めて青汁を飲んでみたので、そのレビューを紹介しています。これから青汁を飲んでみようと思っている方には参考になると思います。

飲んでみようと思った経緯

まずは私おしょうが飲んでみようと思った経緯としては、もうすぐ三十路を迎えるのにあたって特に不健康になったとかではありませんが、なるべく早めに健康を意識した生活スタイルを心掛けておこうと思ったからでした。 健康はすぐに良くなるとかの次元ではなくて日々のちょっとした積み重ねがモノを言うと思っています。

ですので、毎日毎日の積み重ねが大事なので、その毎日に青汁を取り入れてみようと思いました。 青汁は以前から話題になっていて、不味いけど一日に必要な野菜を一気に取れるような事を聞いた事があったので青汁を飲んでみよう!となりました。

皆さんが青汁を飲むとしたらどんな理由になりますか? 青汁を飲む理由として色々ありますが、一般的な理由としては以下のようになるかと思います。

青汁を飲もうとする定番のきっかけ

  • 栄養補強
  • 肌の衰え防止
  • 髪の毛のボリュームダウン防止
  • ダイエット
  • 免疫力低下防止
  • 便秘改善

ほとんどの方は何かしら不健康な事があって飲むのではと思っていますが、不健康になる前の予防として飲んでおくのがベスト。 不健康になったとしたら薬が必要になってきますね。 ですので青汁に効果を求めるのはナンセンスかと…(^^;

薬局へ行き青汁を購入

今は通販でも簡単に購入する事が出来るので非常に便利ですが、私はすぐに飲みたかったのもあって最寄りの薬局へ行き青汁を購入してきました。

とりあえずお試し感覚で2種類の青汁を購入。
レジへ行って会計をする際に、青汁のキャンペーンをやっていて吸収率がとても良くて相性も抜群の青汁はいかがでしょうか?と言われましたが、まずはお試しでという事で結構ですと断りました。

<以下2種類の購入した青汁写真>

2種類の青汁実写真

青汁は粉末になっていて、説明を見てみると水か牛乳に混ぜてお召し上がり下さいと記載してあります。 水でも飲めますが、毎日飲む事を考えるとなるべく美味しくなるように飲みたいので牛乳と混ぜる方向へ!

青汁実写真2

そしてコップに牛乳を入れて青汁粉末を入れるとなるとスプーンでかき混ぜる必要性が出てきます。 そうなると結構時間がかかりそうだし、あんまり綺麗に混ざらなそうだと判断しまして、普段から使っているプロテインシェイカーへ入れて混ぜる事にしました。

青汁実写真2

レッツ!シェイク!!!
\\\\٩( 'ω' )و ////

青汁実写真3

さすがシェイカーだけあってあっさりと青汁を混ぜる事に成功です。 あ、シェイカーは結構便利なので興味のある方は購入する事をお勧めします。

青汁だけでなく粉物を飲料とするには最高の物です。 ワンコインぐらいで購入出来るので是非!!

味や匂いなど飲んでみての感想

今回は飲みやすさ重視にしたかったので、2種類をそれぞれ牛乳に入れて飲んでいます。

最近はフルーツ系など飲みやすさ重視をウリにしている青汁製品が多いので、今回はフルーツ系とノーマル系と2種類購入して飲んでみましたが、フルーツ系は味は何も感じずに匂いがフルーティーといったところでした。 青汁感は特に感じずに飲めました。

ノーマル系はと言うと匂いも味も特に感じず、フルーツ系よりも個人的にはノーマル系の方が飲みやすいといった印象です。 相当野菜系が無理な人だと青汁感を感じてしまいそうなのでお勧め出来ませんが、それ以外の方であれば牛乳を飲んでいるのとなんら変わりないと思います。

どちらかと言えば抹茶オレのような風味と感じました。 フルーツ系は匂いだけと言えるぐらいなので別に匂いは要らないかな?と思います。笑

ダイエット効果を求めている方なら食事前に牛乳多めにして青汁を飲めば食事量を抑えられますし、人によってはそれだけで置き換えとして青汁が食事としてカウント出来ます。

普段から食べ過ぎてしまう人ならおやつに青汁を取り入れるなどして工夫したいですね。

私はダイエットする必要も全くないので、青汁をダイエット用に飲む事はありませんが、実際に食事量を減らしたり出来てダイエット効果に少しは繋がるのでは?と思っているので興味のある方は購入してみて下さい。

また、私はどちらかと言っても便秘体質ではないのですが、青汁を飲むようになってからは驚くほどに快便の嵐です・・・笑

大袈裟な表現で嘘っぽく聞こえるかもしれませんが、食べた物が全部ぐらいの快便度合いです。 便秘で悩んでいる人におすすめしたいです!!

以上現場から青汁レビューでした。

byおしょう

ページの先頭へ

ページの先頭へ