ダイエット中の間食。。。食べてもいいのは何?

ポッキー

間食はしないのが一番

そもそも間食はしないのが一番です。

なぜなら食べた分だけカロリーを摂取してその分太ってしまうからですね。まあ当たり前のはなしですが・・・

本人間の体は生きていく上で必要な栄養分だけを摂取していればいいはずなので、お腹が空くまでは何も食べないというのが消費カロリーと摂取カロリーのバランスが取れている状態です。

お腹が空いたというのは体がカロリーなど必要な栄養を求めているというサインです。だからそれまでは何も食べなくてもいいはずなのに・・・

しかし・・・

「口さみしい」「小腹がすいた」「お腹は空いてないけど何か食べたい」

みなさんも経験あると思います。

どうしても食べたくなったら

本来は間食しないのが一番!本来必要のないカロリーを摂取しようとしているのだから・・・

しかしながらダイエット中ってなぜか必要以上に何か食べたくなるものですよね。

人はダメと言われるとやりたくなる。やってはいけないことはやってみたくなる。

普通はそこで理性が働いて思いとどまるのですが、犯罪など重い罪のことならいざ知らず、ダイエット中の間食なんてのは自分のさじ加減なわけです。

だからただ節制しているというだけでも食べたくなるものなのです。

そしてダイエット中にやたら食べたくなるのにはもう一つ理由があります。

消費カロリー>摂取カロリーという状態なので、本能的にこのままじゃ栄養が足りなくて痩せちゃうよ・・・と体が思ってしまうのです。

いやいやいや!!痩せたいんだからそれでいいんだYo!!と頭で思っても身体はお構いなしに食べたいという信号を発します。

なので、少しだけ食べる。カロリーの低いものを食べる。などの工夫が必要です。

・・・というわけで前置きが長くなりましたが、どうしても食べたくなったら駄菓子がおすすめです。

なぜ駄菓子がダイエットに向いているのか

駄菓子がダイエットにおすすめ!とは言うものの、チョコレートやスナック菓子などの高カロリーなものを大量に食べれば意味がありません。

じゃあなんで駄菓子がダイエットに向いているの?と思う事でしょう。

駄菓子というのは普通のお菓子と違って大入り袋にまとめて入っているのではなく、すべて小分けされてばら売りされています。

食べる度に袋を開けて小さいお菓子ちまちま食べなければなりません。

この面倒くさいのがミソです。

本来駄菓子は小学生など小さな子供をターゲットとしているので、少ないお小遣いで長く楽しめるようにというコンセプトの下で作られています。

だからこそ10円でばら売りしていたり、食べにくい形状であったり、硬くて何度も嚙まないといけなかったり・・・とにかくドカ食いしにくい状態となっているのです。

ゆっくり食べること

ダイエットの基本にはゆっくりとよく噛んで時間をかけて食べることというのは広く知られていることだと思います。

咀嚼(そしゃく)には満腹中枢を刺激する効果があるとされているので、時間をかけてゆっくりと食べることで満腹感や満足感を高める効果があるとされています。

だからこそ、駄菓子のような食べるのに時間がかかるもの、食べるのが面倒くさいものはダイエットには向いてると言えます。

実際にダイエット中に駄菓子を食べてみた時のこと

お腹が空いた・・・何か食べたい・・・という時に駄菓子を食べてみました。

食べたのは蒲焼さん太郎など太郎系の駄菓子です。

調べてみると蒲焼さん太郎のカロリーは1枚10kcalとのこと。10枚食べれば100kcal、50枚食べれば500kcalというわけですね。分かりやすい(笑)

500kcalともなればカロリーの低いコンビニ弁当並みなので、それだけ食べればどう考えても食べすぎです。

しかし実際に食べ始めると本当に食べにくい・・・

お腹が空いているのでガツガツ食べたいのに一枚一枚袋を開けて食べなきゃいけない・・・しかも硬い!

一口で口に入らないから嚙み千切らないといけないし、何度も噛まないと飲み込めない・・・とにかく面倒くさい!

5枚も食べれば段々嫌になってきて10枚も食べればもうイラネ!!(*゚Д゚)ノ⌒゚ ポィとなります(笑)

駄菓子を食べる時の注意

前述した通り食べやすいものやカロリーの高いものはダメです。例えばベビースターラーメン!

ベビースターラーメンのカロリーは一袋169kcalです。しかも袋片手に口に流し込めば2、3口で食べ終わってしまいます。

子供じゃないなら30円程度のお菓子は大量に買えますし、当然一袋で満足できるわけもありません。

3袋も食べれば507kcalで、カロリーの低いコンビニ弁当並みのカロリーとなってしまいます。

これではもう間食の域を通り越してちょっとした軽食です。

そして小腹が空いた時の駄菓子というのは、お腹を満たすためではなく満腹感や満足感を補うためのものです。

なので、駄菓子を食べた後でも食べようと思えばまだまだ食べられるという状態なので、

駄菓子の他に、カップラーメンを追加してみたり、おにぎりを食べたりと余計なものを足してしまえばカロリーオーバーとなってしまうので、食べなくても我慢できそうならきっちりと我慢することが大切です。

コンビニの駄菓子

大人になるとコンビニで駄菓子を買うのが恥ずかしいという人も多いと思います。

そんな時におすすめなのがネット通販です。

駄菓子なので、もともと大した金額ではないのですが、ネット通販なら業務用の箱入りをまとめて買えるのでコンビニで買うより若干安く買うことができます。

・・・が!!しかし!!大量のお菓子がいつでも食べられる状態になるということをお忘れなく!

あったらあっただけ食べてしまうという人はまとめ買いは控えましょう。

byマツボックリ

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ページの先頭へ