百害あって一利なし!タバコを吸っていて得する事って本当に一つもないの?

タバコを吸う男性

百害合って一利なし!?

タバコが人に及ぼす悪影響がひどい事からよく「百害合って一利なし」と言う言葉を喫煙者に向けて言ったりしますよね。

例えばタバコが健康に及ぼす害は喫煙者本人だけでなく周囲にも影響があったりします。

更には依存性があり継続して喫煙をするという習慣となり、わざわざお金を出してまで毎日毎日健康状態を悪化させるという事から、タバコを吸う事で悪い事はたくさんあるのに得られる物は何もないという意味合いで「百の害はあるけど一つの利益も得られない」ということわざですね。

しかし百の害があるのは一目瞭然としても、利が一つもないというのはどうなんだろう?と思い、ちょっと無理矢理ではありますがタバコを吸う事で得する事について考えてみました。(ちなみに筆者は喫煙者です。)

喫煙によって得られる利とは・・・

タバコを吸っていい事なんて一つもないと言われるくらいなので、ここであげている例はかなり強引というかこじつけたような話になると思います。

言ってみればへりくつの域なので、喫煙者に対して嫌悪感の強い人はここでページを閉じる事をおすすめします。

常に火がある

喫煙者はタバコを吸う為に基本的にライターやマッチなど火をつける道具を携帯しています。

特に夏場なんかの花火やバーベキュー、そしてキャンプファイヤーなど火を使うアウトドアなイベントが多い時に「あ、!火がない!」という事がありません。

「コンビニ行けば良いじゃん」とか「ちゃんと準備しろよ」という話は置いといて、常に火があるというのは便利なものです。

そして万が一にも事故に巻き込まれて人里離れた場所で遭難という事態になっても、火があると非常に心強いものです。

「遭難なんて人生に一度も経験しない人の方が多いよ」とか「普段遭難するような場所へ行かないよ」という意見もあるかと思いますが、可能性は0でないというお話です。

喫煙所による交流

普段は話さない人との交流の場になったりするのが喫煙所です。

最近では至る所が禁煙化しているので、タバコを吸う人にとっては喫煙所という物が必要になりますよね。

禁煙とはっきり明言されていなくても、喫煙所以外でタバコを吸うのはマナー違反なんて事も言われるくらいなので、町の至る所に喫煙所は設けられています。

特に職場なんかでは休憩時間にタバコを吸いに行くと、既に人がいるという事も珍しくありません。

そして喫煙所は基本的に狭い密閉された空間なので、自分以外に人がいると普段話をしないような相手でも話す機会がうまれたりするものです。

現代ではこういったコミュニケーションの場が少なく、職場の同僚でも結構ドライな関係という人も多いのではないでしょうか。

タバコを吸う人は喫煙所へ行く機会があるということが一つの得として捉えても良いのではないかと感じます。

嫌いな人が喫煙所にいる時は、行かないという選択肢もとれるので選択の余地があるという事は悪い事ではありませんよね。

非喫煙者が喫煙所に来ては行けないなんて決まりはありませんが、タバコも吸わないのにわざわざ体に悪い煙が充満していて、服に臭いまで付くという環境に好んでくる人はあまりいませんよね。

外に出る機会

自宅が禁煙となっている人はタバコを吸う為には外へ出る必要がありますよね。

そして、寒空の下で一人寂しくタバコを吸うわけです。

しかし、そんな状況でもポジティブに捉える事の出来る人はいるものです。

昔、筆者が友人と二人でタバコを吸う為に外へ出た時の事・・・

タバコを加えた友人が上を見ながらぽつりとつぶやきました。「タバコを吸ってなかったらこうして星空を眺める事もなかっただろうなぁ・・・」

その言葉を聞いて空を見上げると、冬の澄んだ空気で星がよく見えるではありませんか。

寒空の下白い息を吐きながら星を眺めて感傷に浸る二人。

確かに星座や宇宙に興味がない筆者は夜空を見上げて星を見るなんて事をした事もありませんでしたし、プラネタリウムへ言っても眠くなってしまうような人間です。

しかし、その時ばかりは星を見上げながら感慨深い気持ちになった事を覚えています。

この話は喫煙による得と言うとかなりこじつけですが、実際にタバコを吸っていてそういった経験をしたというお話です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

上記の例はかなり強引な話ではありますが、喫煙によって得られる利は一つもない!と決めつける事も強引なのでは?と感じた人もいることでしょう。

そして人によってはまた違った「喫煙によって得た利」というものがあるのではないでしょうか。

この記事を書くに至った理由としては「百害合って一利なし」は間違いなんじゃね?「百害あるけど1つか2つくらいの利はあるんじゃね?」と思ったからです。

確かに自分、そして周囲への健康被害が大きく、その他にも様々な害があり、喫煙という行為が迷惑であることも理解しています。

喫煙という行為を肯定するわけではありませんが、喫煙のすべてを否定する事もできないではないでしょうか。

しかし体に悪いしお金もかかるので、今タバコを吸っていないのであれば絶対に吸わない事をおすすめします。

byマツボックリ

関連記事

ページの先頭へ

ページの先頭へ