見た目にも楽しい「流れ焼き肉」なるお店が東京にあるらしい

流れ焼肉

どうも、焼き肉屋で生レバーが食べられなくなった事をいまだに惜しんでいるマツボックリです。

それはそうと、注文した肉が汽車の模型に乗って運ばれてくる「流れ焼き肉」なるお店があると聞いて調べてみました。

流れ焼き肉

その流れ焼き肉のお店は「流れ焼き肉wonder」という名で、東京都町田木曽にあるようです。

注文する時は普通に店員を呼んで注文するみたいですが、注文した料理は店内に敷かれたレールの上を汽車の模型が走って届けてくれるのだそうです。

メニューの値段は結構リーズナブルで、一般的な焼肉店と変わらないくらいの金額なのだとか。

物珍しいお店という事もあって、開店当初はかなりの客が入っていて賑わっていたらしいのですが、なんとこのお店・・・既に閉店しているらしい(笑)

遊び心があって斬新なお店ということでちょっと興味はあったのですが残念です。

回転焼き肉

回転焼肉

東京に流れ焼き肉があると聞いたとき、私マツボックリはちょっと興味があるとは思いましたが、それほど物珍しいとは感じませんでした。

なぜなら、我らがてきにゅーチームがいる三重県にも回転焼き肉という店があるからです。

その回転焼き肉のお店は「回転焼肉 一升瓶」という名で、三重県内に10店舗、そして名古屋に1店舗あり、松坂牛が食べられるお店なのだ。

東京にあった流れ焼き肉は、汽車の模型が注文した肉を運んでくれるというシステムでしたが、回転焼肉一升瓶ではその名の通り、回転寿しのように肉が回転しているのである。

もちろん、食べたい肉が回ってない時でも、既に回っている肉以外に回転寿し同様に注文すれば新しく自分用に肉をレールに流してくれます。

しかし、回転寿しと言えば100円というイメージですが、さすがに回転焼肉では一皿100円というわけにはいきません(笑)

一升瓶 鈴鹿店

回転焼肉一升瓶は、松坂牛焼肉ということもあって、三重県松坂市に本店があって、松坂市内を中心に店舗展開しています。

ところが、数年前に私マツボックリがいる鈴鹿市にも新しく店舗が出来たという噂を聞きつけて、当時勤めていた会社の同僚と行ってみる事になったのです。

私はもともと回転焼肉の店があるという事は知っていて、かなり興味があって一度行ってみたいと思っていたので、かなりウキウキ気分で楽しみにしていたのです。

ところがどっこい、なんと回転焼肉一升瓶 鈴鹿店では肉が回っていなかったのです!

店名に「回転焼肉」と付いている店の別店舗にも関わらずです!

店内のどこにも回転寿しのようなレールはなく、いたって普通の焼肉屋と変わりありませんでした。

普通に注文して普通に店員が運んでくるという何の変哲もない焼肉屋・・・

正直がっかりしていた私ですが、肉は美味しかったのでよしとしました。

ちなみに、一升瓶は現在(2017年)でもまだ閉店していません(笑)

松坂牛というブランド牛の焼肉店ということもあるので、流行っているということなんでしょうね。

まとめ

最近では物珍しいものがあれば、インスタなどのsnsに投稿するネタとなりますし、インスタ映え写真を狙うなら回転焼肉一升瓶はおすすめです。

ただし、店舗によって回転していない所もあって普通の焼肉屋と変わらないので注意が必要です。

東京にあった流れ焼肉のお店が閉店していたのは残念ですが、物珍しさだけでは客もすぐに飽きてしまうということなのかもしれませんね。

byマツボックリ

ページの先頭へ

ページの先頭へ