夏の暑い日に食べたくなるものと言えば!激辛系?サッパリ系?スタミナ系?

夏の暑い日に食べたくなる料理

どうも、暑い日には冷房の効いた部屋に引きこもって夏バテまっしぐらのマツボックリです。そんな夏の暑い日だからこそ食べたくなるものってありますよね。

さっぱりとして食べやすい系

そうめん&ひやむぎ

どちらも夏と言えばってイメージで、麺つゆにおろし生姜と刻みネギを入れて麺を軽く浸けてズズズっと食べると最高に美味しいですよね。

なぜか白い麺の中に1、2本入っている赤や緑の麺を見るとテンションが上がってしまいますよね(笑)

ちなみに、そうめんとひやむぎの違いは、現在では麺の太さで区別することが正解とされていますが、昔は製法の違いから区別していたそうです。

うどんを同じ製法で細く切ったものを「ひやむぎ」、切らずに引き延ばして天日干ししたものを「そうめん」といった具合に区別していたそうです。

ざるそば

「そば」といえば、年越しそばのような暖かいそばを思い浮かべますが、夏はやっぱり氷水でぎゅっとしめたざるそばが食べたくなりますよね。

ところで「ざるそば」と類似したもので「もりそば」というものがありますよね。

これも何が違うのか?という事については諸説あるようですが、現在のざるそばともりそばの明確な違いは刻み海苔が乗っているか否か、だそうです。

まあどっちにしても、夏バテ気味で食欲がないときでもささっと食べれて暑い日に食べたい定番メニューに違いはありません(笑)

冷やし中華

よく夏になるとラーメン屋や中華料理屋で見かける「冷やし中華始めました」という看板が印象的ですよね。

中華料理屋のメニューにあったり中華なんて文字が入っているので、私はてっきり中国の料理なのかと思っていましたが、実は中華麺を使った日本オリジナルの料理だそうです。

冷たい麺類なので食べやすいといえば食べやすいですが、キュウリ・トマト・卵・ハムなどがどっさり乗っていて、マヨネーズをかけたりもするので実は結構ボリューミーです。

ちなみに私は、冷やし中華にマヨネーズをかけるのは当たり前だと思っていたのですが、どうやら冷やし中華にマヨネーズをかけるというのは地域性があるようですね。

都道府県によってはっきりと分かれているわけではありませんが、東海や北陸の地域でマヨネーズかける派が多く、それ以外の地域では「冷やし中華にマヨネーズなんてありえない」という意見も多いようです。

スタミナ系

夏バテにならないように、又は夏バテだからこそ、あえてスタミナが付くガッツリ系の食べ物が食べたいという人も多いですよね。

ニンニク料理

ニンニクやニンニクの芽と豚肉を炒めてご飯の上に乗せる!といったようなスタミナ丼が食べたいって時ありますよね。

牛丼やカツ丼などのどんぶり系や、天ぷらや海老フライなどの揚げ物系など、「夏はスタミナをつけないと!」とか言って、あえてこってりしたものを食べたくなることも。

ニンニクには食欲を増進させる効果があるので、普段の料理にちょっとしたアレンジを加えるだけで夏バテ防止のスタミナ料理に!

うなぎ

うな重やうな丼など、特に夏本番を迎える土用の丑の日には多くの日本人がうなぎを食べますよね。

土用の丑以外の日でも、うなぎには豊富な栄養素が含まれていて、昔から滋養強壮や疲労回復に効果があると言われていて、夏バテ防止や夏バテ回復の為に好んで食べる傾向があります。

しかしうなぎが苦手という人も結構いますよね。実は私もその一人で、うなぎが嫌いな人の多くがあげる理由と同じ理由でうなぎが苦手なのです。

私の場合は小さい頃にうなぎを食べて喉に小骨が刺さって数日間取れなかったというのが原因で、子供の頃はうなぎのタレだけをご飯にかけて食べていたくらいです(笑)うなぎの小骨が苦手って人結構多いですよね。

しかし大人になってからうなぎを食べてみると、やっぱり美味しくて小骨がしっかり取ってあるうなぎなら食べられるという人も多いのではないでしょうか。

辛い系

カレーライス

もはや定番とも言える暑い日のカレーライスですが、いつも食べている辛さよりも辛いのが食べたくなるという人も多いのでは。

スタミナをつけるという意味でも、カレーライスのトッピングにカツを乗せてカツカレーにするのもお決まりですよね。

唐辛子系

台湾ラーメンや担々麺・麻婆豆腐にキムチ鍋やチゲ鍋など、夏の暑い日だからこそ、あえて熱くて辛い料理が食べたくなる人も多いですよね。

普段は辛いのは苦手という人でも、夏だからちょっぴり挑戦してみたくなるという人も結構いたりします。

ちなみに私は辛い食べ物が大好きで、夏場はスーパーやコンビニに辛い食べ物が良く出回っているのでウキウキになってしまいます(笑)

byマツボックリ

ページの先頭へ

ページの先頭へ