部屋の換気していますか?汚れている空気で生活していませんか?

部屋の換気

部屋の換気を適度にしていますか?

案外忘れがちになってしまう部屋の換気ですが、これを怠っていると、部屋の空気はものすごく汚れてしまうのです。

その空気の中、生活することになります。

まあ、目に見えないものなので、気にはなりませんが、知ってしまうと嫌な気分になります。

ダニのフンなどを吸い込んでいる可能性もあるのです。

スポンサードリンク

閉ざされた部屋の空気

閉ざされた部屋への空気はものすごいことになっているのです。

目に見えるホコリ以外にも、ダニのフンや死骸、カビの繁殖といったハウスダストが半端ないことになっているのです。

このハウスダストが原因で、頭痛やめまいなどを引き起こすこともあるので、換気を怠ってはいけません。

空気は毎日吸うものなので、できればきれいな空気を吸いたいですよね?

きれいな空気を吸うためにも、十分な換気が必要になってくるのです。

健康面を考えても換気はしっかりと行うようにしましょう。

私はダニのフンなどを吸い込んでも平気ですし、部屋は閉ざされたままなので、ダニとの共存ができているということでしょう。

換気する時間

換気するには風の入り口と出口を作ることで、効率よく換気することができます。

簡単にいうと、窓を2つ開ければいいのですが、近い窓を2つを開けてもあまり意味がありません。

できるだけ遠くの窓を2つ開けて、風の通り道を作ってあげましょう。

部屋がワンルーム場合、窓が1つしかない場合がありますが、玄関のドアと窓を開けることで換気できますので、できるときにしておくといいでしょう。

近所の人に見られる可能性もあるので、ドアは全開ではなく、隙間をあけるくらいでOKです。

風の通り道を作ったら10分くらい放置するだけで換気は終わりです。

換気は簡単なことですが、簡単だからこそ怠ってしまうのです。

1日一回でも換気するように心がけましょう。

ちなみに私は、2週間に一回くらいしか換気しません。

もっとひどい人もいるのでは??

冬の換気には注意しましょう

冬は寒いので換気をしたくなくなりますが、換気することは大事です。

しかし、この時期はもともと乾燥しているので、空気を入れ替えることで、さらに部屋が乾燥してしまいます。

乾燥が原因で喉が炎症したり、鼻が乾燥してデカい鼻くそができたりと、いろんな症状が出て来るので、気をつける必要があります。

換気をした後は、加湿器をつけるなどして、湿度を上げるようにしましょう。

40〜60%が最適な湿度なので、できるだけ合わせるようにしてください。

このためにも湿度計は必須になってきます。

冬時期は窓を開けたくない人も多いと思いますので、空気清浄機をつけっぱなしにしておくのもいいですね。

これでけで部屋の空気をきれいにしてくれるので。

私は、私自身が空気清浄機になっているので、電気代はかかりません(笑

その代わり、食費が高くつきますけど。

まとめ

部屋の換気は健康を維持するためにも必要になります。

なので、こまめに換気するようにしてください。

ただ窓を開けるだけで換気することができるので、気がついたときにはしておくように。

花粉症の人は、換気よりも空気清浄機を使ったほうがいいですね。

わざわざ、花粉を家に入れてしまっては、症状を悪化させることになるので。

開き直って、ダニとの共存を考えるのも1つの手です。

私は寝るときはダニと一緒に寝ています。

赤ちゃんがいる家庭は衛生的に考えても、ダニとの共存はやめたほうがいいでしょう。

赤ちゃんのことを考えても、空気清浄機を買ったほうがいいですね。

byきむ

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ページの先頭へ