スマホ依存症の治し方|現れる症状とはいったい・・・

スマホ依存症

スマホの普及率の増加とともに、スマホを利用する人も増加傾向にあります。

これ1台だけでできる事は計り知れず、子供からお年寄りと幅広い年代の方が使用しています。

しかし、そんな中スマホ依存症と言われる言葉を聞くようにもなりました。

SNSやスマホゲームなどにハマり、スマホから抜け出す事ができなくなってしまう症状のことを「スマホ依存症」と言われるようになりました。

この症状から抜け出せなくなると後に取り返しのつかない事が起こりえるので、早めに改善していきましょう。この症状の特徴として

  • スマホを持っていないと不安になる
  • スマホが故障して使えなくなると落ち着かなくなる
  • 車の運転中でもスマホをいじってしまう
  • 家族、友人と一緒にいてもスマホをずっといじっている
  • 人と話しながらスマホをいじる
  • お風呂、トイレにスマホを持ち込む
  • 食事中でもスマホが手放せない
  • 電波の無い環境にいると落ち着かない
  • 充電が切れると落ち着かない
  • 食事中でスマホが手放せない
  • スマホをいじると時間を忘れる事がある

以上のような症状があります。

逆に言うとこの症状が現代では当たり前になってきているのです。

私もスマホ依存症でなにか暇があれば絶対といっていい程スマホをいじっていますね。

たまにトップ画面をずっと眺めているだけの時もあります(笑

このようにスマホを持っているだけで落ち着くという人は多いのではないでしょうか?

車の運転中にスマホをいじる人も多いのでは?

運転中にゲーム(ポケ◯ンGOなど)をしている人も多く、これは非常に危険な行為なので止めましょう。

スマホ依存症は様々な障害に発展していく恐れがありますので、早期の改善が必要になってきます。

睡眠障害

スマホから発せられるブルーライトは睡眠のリズムを狂わせる原因となり、眠りにくい状態を作っているです。

最近ではこのブルーライトをカットする専用の眼鏡が販売されていますので、利用してみるといいでしょう。

うつ、パニック症候群

SNSの普及によりネット上での人間関係ができ上がっている人もいるでしょう。

外にでることなく人と繋がる事ができるため、引きこもりがちの人が増えています。この状況は深刻で後にうつ病、パニック症候群になる予備軍でもあります。

もし、自分でこのことに気づいたのであれば意識して改善しなければ手遅れの状態になるでしょう。

ストレートネック

スマホをいじる姿勢の特徴は、うつむいたまま使用することです。

この姿勢はストレートネックという症状を引きをこす原因になります。

元々首はS字を描いた形になっているのですが、ストレートネックになってしまうと、このS字の首がまっすぐになってしまうのです。

まっすぐになることで手のしびれや頭痛といった症状がでてきます。この症状はスマホ以外にパソコンをよく使っている方にも多い症状です。

スマホ依存症にならないためには

スマホ依存症にならないためには、早めに対策すること重要になってきます。

スマホを使用しながらスマホ依存症を対策する方法はあるのか?

スマホをバッグに保管

スマホをポケットにしまっていると、すぐにスマホをいじれるので、できるだけスマホを遠ざけるよう心がけるといいでしょう。

その方法の1つはスマホをバッグにしまっておく事です。

バッグにしまっておくだけでスマホの使用頻度はかなり下がりますので、意識してしまうようにしましょう。

枕元にスマホを置かない

ほとんどの人がスマホと一緒に寝ているのではないでしょうか?

たまにスマホを持ったまま寝る事もあるのでは。

枕元などすぐ手に届く範囲の所にスマホを置いておくとすぐに使ってしまうので、少しでも遠くにおいておくと良いでしょう。

できれば違う部屋に置くのがベスト。

ゲームをしている場合は課金をしない

スマホを持っている人でゲームをしていない人の方が少ないでしょう。

スマホのゲームは人と繋がっているため、どうしても相手に勝ちたい、相手より強くなりたいと思ってしまうもの。

そこでお金を力でなんとかできるのがスマホゲームの魅力?なのです。

ゲームアプリに多額の課金をしてしまうとゲームから抜け出せなくなりやすく、「あれだけ課金したからやめられない」という状況に陥ってしまうのです。

この状況になるとスマホから抜け出せなくなり、スマホ依存症の仲間入りとなるのです。

街中での光景

外出中に周りを見渡すと、ほとんどの人がうつむいてスマホをいじっています。

私もその1人なのですが、改めて見ると異様な光景です。

みんな下を向いているのです。

私もその1人なのかと思いつつ、うつむいてスマホをいじっていましたが(笑

飲食店でもスマホをいじっているは多く、食べている最中でもいじっている人はいます。

みなさんも一度は、よく街を冷静に観察してみると、この異様さに気づく事ができるでしょう。

だからといって私はスマホを手放しません!

まとめ

いかがでしたでしょうか?スマホの持つ影響力はこのような症状にまで及んでいるのです。

確かに便利で、様々なコンテンツを提供してくれますが、気づかない内に上記のような症状を引き起こしていることを忘れないでください。

たまに街をみてみるといいでしょう。

いったいどれだけの人がうつむいていることか...。

予備バッテリーを持ち歩かない事もスマホ依存症を防ぐ事に繋がるので、持ち歩かないようにしましょう。

バッテリーに余裕があるとどうしても使ってしまうので、持ち歩かない事は予防になるでしょう。

全く使わない事はいきなり無理なので、使わない時間を作るなどして、徐々にならしていくといいですよ。

byきむ

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ページの先頭へ