お酒に強くなる方法とは?

お酒

社会人になれば歓迎会や忘年会は、ほぼほぼ必須として上司の人の付き合いや出世に絡んでくる重要な要素としてお酒が飲める事。

もちろん飲めないと出世しないわけではありませんが、飲める事でコミュニケーションの幅は広がりますし、出世に有利なのは間違いないでしょう。

そこでここでは、お酒は飲みたいけど弱いから飲みの席ですぐに潰れてしまう。出来ればもっと強くなって飲み会には積極的に参加したい人の為にお酒に強くなるにはどうすればいいのか?また、二日酔いを起こりにくくする方法などを調べてみました。

1.お酒が強い人と弱い人の違い

お酒に含まれるアルコールが分解されるには肝臓でされるのですが、その分解の際にアセトアルデヒドが生成されてしまいます。

アセトアルデヒドは頭痛や動悸などを引き起こすので、このアセトアルデヒドの分解が早い人がお酒に強い人という事です。

反対にお酒に弱い人はアセトアルデヒドの分解が遅いと判断出来るわけなんですね。

お酒に強い人はどれだけ飲んでも全く顔色や行動は変わらないしスゴイなと感じますが、いっぱい飲まされている場面を見ると飲めなくて良かったなと感じる人もいるでしょうね。笑

お酒に強くなるには

飲めば飲むほど強くなるのか??

よく聞く話で飲めば強くなる!とありますが、これは元々の体質によるもので、全くアルコール自体が合わない人はどれだけ飲んで訓練したとしてもほとんど効果は現れません。

慣れれば飲めるような人なら飲む機会を増やして酵素を活性化さえしてしまえば飲めるようになります。

ちなみに私おしょうは飲む機会を増やしても飲めない方に分類されるのかなと思います。
皮膚も敏感肌気味ですし、デリケートな方なので。

そんな私でも定期的に飲めば、いざ飲む機会の時にも嗜む程度には飲めるようにはなります。 飲めば飲むほど強くなる人はいますが、いくら強くなりからと無理に飲んでばかりいると肝臓を悪くしたり、急性アルコール中毒の可能性も出てくるので注意しておきましょう!

また、女性よりも男性の方がアルコールに強い統計が出ているようですが、これには筋肉量が関係しているようなので筋トレをして筋肉を増やしてしまえば何もしないよりはお酒に強くなるかもしれませんね。

飲む前の一工夫

  • 空きっ腹では飲まない
  • ウコンで肝臓への負担を少なくする
  • なるべく周りに流されずに好きなお酒を飲む

byおしょう

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ページの先頭へ