「明日やろう」なんでも後からする癖が付いている人の特徴

後回しにする人

仕事や家事など、物事を後回しにする人っていますよね?

たまにならいいのですが、何でもかんでも後回しにしてしまうと、なかなか前に進むことができません。なぜ、前に進もうとしないのか?

スポンサードリンク

単純に面倒臭い「後にストレスになる」

食器洗い、洗濯といった家事を後回しにしてしまうことってありますよね。このような簡単ですぐに片付けられる物事ほど、面倒臭く感じるもの。

これらを積み重ねることによって、後から一気に片付ける羽目になってしまうのです。「後でいいや〜」「また今度で」このような口癖がある人は要注意。

後回しにする人は、後からストレスが爆発することもあります。それは、後回しにすることでストレスの元凶を溜め込んでしまったからです。

集中力が欠けている

集中して、物事に取り組めば、すぐに片付けられることでも、集中力が欠けていると、遅れてしまいます。遅れたことによって後回しすることに。

これでは、どんどんすることが溜まってしまいます。何に対しても集中することは大切なことです。

大好きなゲームは効率よく進めていませんか?私は、本気でゲームをするときは効率のことを考えたりして、取り組んでいる時もありました。

ゲームが原因で、リアルのことを後回しにしていることはありましたが(笑

ゲーム内では、物事を片付けれるのであれば、リアルでも片付けられる...と思ってしまいますが、そう簡単にはいきません。

苦手なことは後回しにする

これは、よくあることですね。苦手なことは後回しにしてしまいがちです。

苦手なことって、初めの一歩がかなり重たくなりますよね。「やらなきゃ」と考えてはいるが、体はだらけている...。これでは、時間の無駄になってしまいます。

完璧を求めてしまう

これは、逆算する人によくあることですが、完成された物事を想像して、時間がかかりそう、めんどくさいと1度感じてしまうことで、後回しにしてしまうパターンです。

完璧を求めることは、良いのですが、後回しにしては意味がありません。行動することの方がよっぽど大切です。

「やらなきゃ」と思っている物事ほど後回しにする

〇〇しなきゃ、と考えている場合、その物事は自分にとって、面倒臭いことになっています。面倒臭いということは、後回し候補になってしまいます。

仕事などで、誰かに指示されたことは、やらなきゃと感じてしまいやすいですよね?自分の意思で、したいと思っていることではないのですから。

誰かに指示される以外にも、誰かから、何かを求められることでも、やらなきゃ、と感じてしまうことも。

求められること自体は悪い気分はしませんが、自分でしたいと思っているわけではないので、面倒に感じやすいです。

このように、やらなきゃと思っている時点で、かなりプレッシャーがのしかかっていることになります。

これがストレスに繋がっていくのです。ストレスを感じることは、避けたいので、後回しにすることに...。

まとめ

後回しすることにメリットはありません。今すぐできることは、すぐにやった方がいいことに、間違いありませんが、後回しにしてしまうことってあります。

短時間でできると思ったことは、すぐに片付けてしまう癖をつける意識を持つことで、後回しにする癖を消すことができます。

これに関しては、自分との戦いですね。後回しにすることよりも、今すぐできるのか、できないのかを考えること意識するだけで、かなり自分を変えることができますよ。

byきむ

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ページの先頭へ