「お会計」「チェック」「お愛想」「お勘定」間違いはどれ?

お愛想

飲食店などで、お金を払う時に使うかけ声で間違っている物が一つ混じっています。知らずに使うと恥ずかしいあるあるです。

間違いはどれ?

皆さんは飲食店などでお金を払う際に「お会計」「お勘定」「お愛想」「チェック」等のかけ声を発声した事があるでしょうか。

知らずに使っている人が多いのですが、実はこの中に間違いがあります。

まあ普通は、伝票をレジまで持って行けば普通にお金を支払う意思を伝える事ができますが、中にはテーブルチェックという方式をとっているお店もあるので、知っておいて損はないと思いますよ。

「じゃあどれが間違っているの?」ということですが、間違ったかけ声は「お愛想」です。

お寿司屋さんや居酒屋さんで「大将!お愛想!」なんて言っている人は間違っているという事になります。

スポンサードリンク

どうして駄目なの?

普通に「お愛想」という言葉を使っている人が多いので、間違っているという認識を持っている人は少ないのですが、実は「お愛想」は会計をしてくださいという意味合いではなく、この店は愛想がない店だなと言っている事になるのです。

元々は、お店側から伝票を渡す際に「愛想がなくてすみません。」という意味で社交辞令的に使われていた言葉を、お客が使い始めた事が始まりです。

社交辞令的な意味合いで、へりくだってお勘定をしてもらうという言葉だった物を、お客が使う事で「愛想がない店なので、さっさと清算してくれ」「こんな店には愛想が尽きた。だから清算してくれ」という意味になってしまうのです。

この本当の意味を知らずに「お会計」や「チェック」と同じ意味として使っていると、お店に対して大変失礼な言葉に当たります。

そして、意味を知っている人が聞いたら、この人恥ずかしい人だなと思われてしまうので、お愛想という言葉は使わないように気をつけましょう。

生暖かい目で見られる

「お愛想」の本来の意味を知らずに使っても、特にバッシングを受けるなんて事はないでしょう。

意味を知っている店員さんにその言葉を使うと「あぁ、言葉を知らない人なんだな」程度に思われるくらいで済みますが、「失礼な客だ」と思われてしまっても仕方ありません。

「知らずに言ってるんだろうな」と思われるので、いちいち間違いを正すなんて事はされませんが、お店側からすれば良い言葉ではありませんよね。

同席した人からも「恥ずかしいやつだ」と思われるかもしれません。

スポンサードリンク

まとめ

・お金を払う時に「お愛想」のかけ声は不適切。

・お店に対して失礼な言葉を言っている事になるので、「お会計」「お勘定」「チェック」のどれかを使うこと。

・知らずに「お愛想」と言っていても間違いを正されたりはしないけど、恥ずかしいやつだと思われる。

せっかくの外食なので、適切な言葉を使ってお店側もお客側も気持ちよく清算して終わりたいものですね。

byマツボックリ

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ページの先頭へ