ギャンブルや投資で勝てる人に共通している事

ギャンブル

勝てる人に共通していること

  • 手法に一貫性がある
  • 資金管理が徹底されている
  • 計画性がある
  • 確率的思考が身に付いている

スポンサードリンク

計画性のない事は全てギャンブル

世間一般的にはパチンコやスロット、競馬や競艇などはギャンブルと呼ばれています。

また、株やFXは投資とも言われたりしていますし、一方ではギャンブルと言われたりもしています。

これらの事実として95%以上の人が負けているとされている中で、極少数の人達は勝っている人がいるのも事実としてあります。

残りの5%の中でも、4%ぐらいが少し勝っている程度で残りの1%ぐらいの人が全てを持っていくとされるぐらい非常に難しい世界です。

そんなギャンブルと言われる世界で勝っている人は全員と言っていいほど計画性のある戦い方をしています。

競馬だろうがパチンコだろうが計画性があれば全てギャンブルではありません。

反対に計画性がなければ株式であれ、FXをしていたとしても投資とは言えずにギャンブル化してしまいます。

確率的思考法が鍵を握る

ギャンブルと言われる世界には100%勝てるような事はルール違反をしない限り無理に等しいでしょう!

プロのギャンブラーでさえも負けた事がない人はいないはずです。

例えば、表と裏の2通りしかないような半丁博打では表か裏が出る確率は50%です。
というと一般的に負けているギャンブラーの場合には2回に一回は自分の読みが当たると思ってしまいます。

しかし、確率が本当に50%と分かるには最低限の試行回数が必要になるのです。

そしてこの試行回数は確率分母の100倍以上の回数が最も信憑性があるとされています。

1/2の確率であれば200回ですし、1/6であれば600回です。

100回この博打をしたとして50回目〜60回目だけを取り出すと圧倒的に表が出続けているかもしれないという事です。

そうなってくると確率50%とは言えませんね。

勘の良い方はお分かりかもしれませんが共通して勝てるギャンブラーは、この確率的観点を分かっているので逆算して資金賭けていくのです。

ギャンブラーにとって資金は命です。資金がなければ話になりません!

話はそれますが保険会社が利益を出せるのは統計的に考えられているからなんですね。

統計的に年齢に対しての病気の確率、死亡率など計算されて利益が出るのです。

スポーツで分かりやすいのが「野球」です。

プロ野球選手のバッターで3割打てばプロの中でも立派な選手です。

10割打てる選手など今の所はこの世にいません。
打てる人がいるのであれば教えて下さいね。笑

そしてそんなプロの中でも立派と言われるような3割バッターでさえも10回に3回絶対にヒットが出るわけではありません。

年間シーズンを通して何百と打ちますが、その何百の中でも100回〜120回まで全くヒットが出なかったりしたりするものです。

一回一回の勝負に全力は尽くしますが、確率の観点からすればそのような事は当たり前です。

50%で出るとされるような事でも滅多にありませんが、10連敗する事もあり得るのです。

ちなみに10連敗する確率は1/1024です。
反対に10連勝する確率も1/1024ということなります。

興味のある方はコイン投げをして表か裏かを当てるゲームを何回かしてみて本当に連敗するのかどうかを試してみて下さい。

まとめ

  • 勝てるギャンブラーは確率的観点から逆算して資金を賭けている為、統計的に勝てるということ。
  • 計画性がなく、一回一回に一喜一憂している人はただのギャンブル

byおしょう

ページの先頭へ

ページの先頭へ