過払い金請求には期限がある|早めに弁護士に相談しましょう

過払金請求

過払い金請求とは

過払い金請求とは、お金を借りた時に支払った利息を取り戻す請求のことです。

しかし、本来利息は、返済の時に一緒に払うものなのに、なぜ利息を取り戻すことになるのでしょう。

まず過払い金請求とは、消費者金融を中心としたノンバンクでお金を借りた場合に限られます。

貸金業法では、かつて法定の利息が20パーセントと定められていたにも関わらず、29.2パーセントまでであれば、法定以上の利息をつけても、罰則規定がありませんでした。

このため消費者金融などでは、実質20パーセント以上でお金を利用者に融資していました。この利息のことをグレーゾーン金利といいます。

2006年の最高裁判決で問題となり、その後利用者の間から、利息の分を取り戻そうという声が上がるようなり、支払いすぎた利息を取り戻すきっかけとなったのです。

これが過払い金請求です。

グレーゾーン金利が問題視されるようになり、過払い金請求の声が大きくなる中で、貸金業法も改正されることになりました。

グレーゾーン金利と貸金業法の改正

そして2010年の6月になって、新しい貸金業法、「改正貸金業法」が施行されました。 この法律では、グレーゾーン金利は姿を消し、法定金利ははっきり20パーセントと定められて、20パーセント以上の利息をつけた業者は、処罰の対象と規定されました。

これを受けて、その後は20パーセント以下の利息、17パーセントや18パーセントといった利息で、お金を貸す大手の消費者金融も増えて行きました。

また、借り過ぎを防ぐための総量規制も新たに盛り込まれました。これは年収の3分の1に相当する金額を限度額と定め、それ以上の借入れはできないようになっています。

またノンバンクの借入れすべてが対象となり、それ以上の借入れをしたい場合は、総量規制対象外の業者か銀行に限定されることになりました。

ちなみに、銀行でお金を借りた場合は、銀行法の適用となるのでグレーゾーン金利が元々存在せず、従って過払い請求はできません。

グレーゾーン金利や過払い金請求は、あくまでも貸金業法に限定されています。

また過払い請求をする場合は、どんな場合でもできるのではなく、期限が定められています。

過払い金請求は期限にも注意

過払い金請求の期限ですが、最終取引から10年以内でないと、請求ができません。

そのため、かつて消費者金融を利用していたけれど、完済して10年以上経ってしまった場合には、残念ながら過払い請求はできないことになります。

またこれは、かつての貸金業法のもとでお金を借りた人に限定されます。

改正貸金業法の施行が2010年6月ですので、それ以降にお金を借りた場合はグレーゾーン金利が発生せず、過払い請求をすることができないという点に注意しましょう。

それから改正貸金業法施行前にお金を借りて、まだ手続きをしていない場合は、タイムリミットが迫っていますので、早めに手続きを行いましょう。

過払い請求は債権者との交渉がありますので、弁護士や司法書士に依頼するのがお勧めです。

この場合は契約書や取引明細など、借入れ状況がわかる書類を持って行くようにしましょう。

また現在借入れ中の人でも、かつての貸金業法が開始された時に借りたのであれば、手続きは可能です。

それから過払い請求の手続きをすると、ブラックになってしまうことを心配という人もいますが、手続きをしてもブラックリストには登録されません

ただし任意整理を依頼して、その結果過払い金がわかった時は、ブラックリストに登録される可能性もありますので、事前に事務所でよく相談するようにしましょう。

byきむ

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ページの先頭へ