パソコン動作が激重な人はメモリ不足かも?交換・増設方法

パソコンメモリの不足で動作が激重

パソコンメモリ

パソコンを日々使用しているとメモリといった記憶装置には容量が多少なりともたまってくるので、動作中に重たくて固まってしまう事があります。 特にメモリをよく使用するような事をする人ならきっと経験があるかと思います。 私の場合にはイラストレーターやクリップスタジオをよく利用しているのでメモリ不足から固まる事がよくありました。 なぜメモリ不足だと分かったのかはタスクマネージャから見て一発で判明しました。 始めはパソコンを買い換えようかと思いましたが、まだまだ使えるし何か対策はないのかと思い、メモリを交換する事で対応出来ました。結果として4GBだったのが8GBにする事でサクサクとパソコンが動くようになりました。

スポンサードリンク

メモリの形状をチェック

パソコンのメモリにはデクストップ用とノート用とに大きく分けて分かれています。 また、規格といって新しいバージョンのメモリがあるので、古いパソコンに新しい企画のメモリは付けられません。 また、Windowsには32bit版と64bit版がありますが、32bit版をインストールしているパソコンにはどれだけメモリを増やそうとも4GB以下しか反映されません。 そしてあまりにもメモリ容量を一気に増やす場合にはマザーボードとCPUが、そのメモリ容量に対応しているのかどうかも確認しておかないといけません。 まずWindowsの人は64bit版かどうかを確認しておく必要があります。 Macの人はメモリが出来る仕様と出来ない仕様があるので注意が必要です。 ここではWindows用のメモリ交換方法という事で紹介しています。

パソコンのメモリが付いている場所

空きスロットの確認

メモリが入る場所の事をスロットと言います。最近のパソコンは2つ以上が標準となるのが多いですが、多いのでは4つあったりします。 メモリ8GBを1つだけ付けるよりも4GBを2つ付ける方が安定すると言った話を聞いた事があるので欲しい容量の半分を2つ購入するのがオススメです。 何をするのかにもよりますが、一般的な方であれば8GBあれば十分と思っています。 なので4GBを2つ用意しておくと良いという事です。 そもそも空きスロットが1つしかない人は8GBのメモリ1つといった選択肢になりますね。 空きスロットによって購入すべきメモリが変わってくるので事前に確認しておきましょう!

パソコンメモリの空きスロット位置

実際にどんな規格のメモリを買えばいいのか?

一番確実な方法は以下のサイトから調べられます。 http://www.cpuid.com/softwares/cpu-z.html こちらのソフトのSPDのタブを見ると現在の規格が分かります。

DDR

これは世代の意味なので数字が大きい方が新しくてスペックが高いという事です。 今はDDR4が主流なので4世代ということになりますね。

実際のメモリ

パソコンメモリの実際の写真

PC3-12800はDDR3-1600と表記されることがありますが、 どちらも同じなので、どちらでもいいので同じ数字の物を購入しましょう。 大きい方の数字は読み書きの速度と思ってもらって構いません。 こちらも数字が大きい方が読み書きが早い証拠になります。

byおしょう

ページの先頭へ

ページの先頭へ