「http→https」常時SSL化の.htaccess設定

ここ最近Googleのアルゴリズムの一因としてSSL化されたサイトは優遇されるかもしれない事で常時SSL化する人が増えてきています。 常時SSL化する事でサイトの安全である事の証明になりますし、Googleが推奨しているので取り入れておきたい分野になってきますね。

まだまだ検索順位にはhttps化されていないサイトが上位に来ていますが、近い将来には上位サイトのほとんどがhttps化されたサイトで埋め尽くされているなんて日も近いと言えます。

大手のサーバー会社によると5年も経てば全てのウェブサイトがhttps化され暗号化されている状態が来るとの事です。 ですので、今後の事を考えると早い段階から常時SSL化を検討してみると良いかもしれませんね。

常時SSL化とは?

常時SSL化とは具体的に説明するとhttpからhttpsにする事です。 htmlなどの静的ページでサイトを作っている方はきっと普段から.htaccessを入れてwww有り無しの統一などをしているのではないでしょうか?

.htaccessを使ってリダイレクトされる事が出来ます。 ここでは常時SSL化をさせて.htaccessを使ってwww有り無しの統一、インデックスファイルの統一の301リダイレクト方法を紹介しておきたいと思います。

SSL化によりトラッキングは成果として反映されるのか?

結論からすると問題なく反映するようです。ASPの担当の方に実際に確認してみた所、正常に成果は反映されるとの事です。

SSL化したはいいものの成果が反映されなければ全く意味がなくなってしまいますよね。しかし、反映されるようなので問題なしということです。

httpからhttpsへとリダイレクトさせるタグ

Xサーバーでの.htaccessに挿入するタグを例で紹介しておきます。もちろんURLは各自編集してくださいね。

suPHP_ConfigPath /home/blackpt/htaccess.com/xserver_php/
AddHandler x-httpd-php5.3 .php .phps

<Files log.xml>
order deny,allow
deny from all

AddHandler server-parsed html
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://htaccess.com/$1 [R=301,L]
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www\.htaccess\.com)(:80)?
RewriteRule ^(.*) https://htaccess.com/$1 [R=301,L]
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ http://htaccess.com/$1 [R=301,L]

レンタルサーバー編でも紹介していますが何サイトも所有している人は一個ずつ常時SSL化させると結構なコストがかかります。 そこで何サイトでも無料で簡単に設定出来るエックスサーバーをおすすめしています。

最後に

まだまだhttpとしてサイト運営をしている方も徐々に近い将来を考えてhttpsへの移行を考えてみても良いかもしれませんね。

Googleが推奨していますしユーザーの信頼度も高まるので今後益々期待されるでしょう。上記のリダイレクトタグは実際にライターの私が調べて実際に反映させてテストした上での結果を紹介しています。

byおしょう

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ページの先頭へ