バッティングで野球ボールを遠くに飛ばすコツを掴んでホームランを打つ

野球

ここではプロ野球選手の中でもスラッガーの選手が教えるボールを遠くに飛ばすコツを紹介しています。 現在バッティング練習をしていても遠くに飛ばずに中々ヒットが打てない、ホームランを打てるぐらいの飛距離は飛ばしたい方は必見です! ロングティーをすればどれぐらい飛んでいるか確認は出来るので、まずは飛ばし方のコツを掴んでみて下さい。

勘違いしやすいバッティング方法

野球でなくてもバッティングでありがちな勘違いとして筋肉に頼って打ってしまうこと。もちろん筋肉も遠くに飛ばすには重要なんですが、それよりも重要な事は腰を意識して打つことです。 感覚的には腰が回って後から腕が勝手に回ってくるような感覚が良いです。

そして手首も重要なんですね。 腕相撲をしてなんとなくわかっている方もいるかと思いますが、腕相撲は手首が負けてしまっては腕の力だけで勝つのは難しいです。 遠くに飛ばす為のバッティングも手首は重要なんですね。

手首を使う事で格段に飛距離は伸びます。 また、力を入れてしまうと体がガチガチになって綺麗に体が回っていかないのでバットが飛んでいかない程度に持ち、ボールを捕らえる瞬間に力を入れるようにする事です。実践するのは難しいのでバッティング練習の時に意識して取り組んでおきたいですね。

日本ハム中田選手が教える遠くに飛ばすコツ

あるスポーツニュースでやっていた企画で、中田選手が遠くに飛ばすコツを紹介していました。 その方法とはボールの少し下めにバットを当ててバックスピンをかける方法です。

よくある勘違いとしてアッパースイングですくい上げるようにして打ってしまいがちですが、そんな打ち方よりも下を叩くイメージで打つ事です。 中田選手はバックスピンをかける練習をする為にわざとファールのように高く打ち上げる事をしているようです。

これが出来れば中田選手曰く本当に軽い力でもホームランは打てます!とのこと。 興味のある方は実践してみて下さい。

この理論は現在甲子園球児として怪物とされる清宮選手も心掛けている事のようです。 投げる方も同じくバックスピンがかかっていればいるほどボールのスピードも速くなると言われていますよね。

最後に

ライターの私もかつて野球をしていましたが、中々遠くに飛ばす事が出来ませんでした。 当時はパワーヒッターに憧れてホームランを打ちたいと思っていた頃があります。

これは野球少年のほとんどが経験する事かと思っています。 野球を辞めてからゴルフをする機会があり、ゴルフをする事によって遠くに飛ばすコツが分かりました。ゴルフだと腰や下半身を上手く使えないと本当に飛距離が出ません。 野球だけでなく違うスポーツをしてみるのもいいきっかけであると言えます。

よくアスリートの方もオフ中に違うスポーツを練習に取り入れたりするぐらいですからね。 目標とする選手のスイング動画をスローで見て自分の動画と比べて何が違うのか?を自分で考える事も重要だと思っています。 興味のある方は是非実践してみて下さい。

byおしょう

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ページの先頭へ