中田翔選手の成績や年俸の推移について

中田翔選手

日本のプロ野球界でも強打者としてトップクラス扱いされる日本ハムファイターズの中田翔選手。侍ジャパンでも4番や5番などでもクリーンナップを任されるほどです。

高校野球の時代にも「平成の怪物」とされ、通算本塁打記録87本で歴代4位とされています。ここではそんな強打者である中田翔選手についての成績や年俸を見ていきましょう!

中田翔選手の生い立ちについて

出身は広島県広島市ですが、高校進学にあたり大阪桐蔭高校へと進学しています。ちなみに現在中日ドラゴンズで活躍している平田良介選手とは同級生でもあります。

小学校3年生から野球を始めて広島鯉城リトル、広島鯉城リトルシニアでも好成績を残しており、日本代表選手として選ばれるほどでありました。

高校時代では投手をしていましたが、肩の故障によって野手へと転向しています。 投手として活躍していた時はマックス151㎞/hを記録。

日本ハムファイターズでの契約では、契約金1億円、出来高5,000万円、年俸1,500万円でサインしています。

プロ生活

平成の怪物と言われた中田翔選手ですが、そんな選手でもプロ野球となると、またまた別世界を感じさせられるようですね。一年目は怪我もあり一軍へ上がる事はなく、二軍だけで終わっています。

2年目も一軍や二軍へ行ったり来たりを繰り返しながらの生活を過ごす事になります。

3年目には木製バットの対応やプロ野球にも慣れて来たのか18本塁打の成績を残しています。

また、4年目には高校時代から付き合っていた一般女性と結婚した事もあり、一軍で本塁打24本の成績を残しています。

年俸を見れば成績の推移も一目で分かるかと思います。 中田翔選手は豪快な発言もあったり、真面目に野球の事やプライベートの事などを考えているのも特徴ですね。

現在は分かりませんが、ランボルギーニのアヴェンタドールを乗っていたようです。 さすが大物選手といったところでしょうか。

今では億円プレーヤーとして大活躍する選手ですが、このまま活躍し続けてほしいと思います。

byおしょう

関連記事

バッティングで野球ボールを遠くに飛ばすコツ!ホームランの打ち方

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ページの先頭へ