俺サーフィンやってるんだ〜!暖かい時だけ急激に増えるにわかサーファー

最近暑くなって来てもうすぐ夏本番って感じですね。そして夏と言えば海!夏にだけサーフィンしてるアピールする人って多いですよね(笑)

夏の海

夏だけ増えるサーファーの実態

「サーフィンやってる人ってかっこいい」ってイメージを持っている人多いと思います。

特に男性目線ではサーファーはモテるって思っている人多いですよね(笑)

夏だけ増えるサーファーのほとんどが、「モテたい」「かっこいいところを見せたい」という下心があると言って良いでしょう。

かくいう私もその一人でした(笑)

しかし実際サーフィンをやっているからといって、それが原因でモテるという事はありませんし、友人と一緒にサーフィンに行っても下手くそなので逆に恥をかくという事もありました。

そしてサーフィンは下手なので、サーフボードを持って砂浜にいるだけという状態になり、丘サーファーとか陸サーファーとか言われたりします。

ひどい時はボウフラのように夏だけわいてくるという事からボウフラサーファーと呼ばれたりします。

スポンサードリンク

サーフィンが好きなわけではない

丘サーファーはサーフィン自体が好きというわけではないので、波の情報をチェックしたりはしません。

仮に波情報をチェックしていたとしても、「俺は波情報もチェックいれてるんだぜ!かっこいいだろ?」という下心が見え隠れします。

実際に波が立っていて、サーフィン日和に予定が開いていたとしても一人でサーフィンに行ったりはしません。

スポンサードリンク

基本へたくそ

ファッション的な意味合いでサーファーを名乗っている人は基本波乗りが下手くそです。

何を隠そう私がそうでした(笑)

さらに波待ちの時に、板に座ってバランスをとる事が出来ないので、板に寝そべった状態で波を待ちます。(にわかなのがバレバレかっこ悪いです)

そして、下手なだけならまだしも、他のサーファーに迷惑をかけたりもします。

サーフィンにはサーファー同士の暗黙のルールやそのサーフスポットのローカルルールなんて物があったりしますが、丘サーファーやにわかサーファーはそういったルールを知らないので、本当にサーフィンが好きな人たちから嫌われがちです。

夏の海はサーフィンができない

夏だけサーフィンするという人が多いので、夏のサーフスポットは人で溢れかえっています。

なので、必死にパドリングをしてやっと波に乗った!と思ったら目の前に人が・・・

下手くそなにわかサーファーは避ける技術がないのでその波をあきらめるしかありません。

逆に避ける事ができる本格派サーファーでも、あまりに人で溢れているとまともに楽しめないという理由で、人が多い時間や時期を避けて平日のちょっとした空き時間などにサーフィンをするという人は多いようです。

まとめ

丘サーファーは夏だけしかサーフィンをしない。

むしろ夏でもサーフィンをせずに格好を付けたいという理由だけでサーフボードを持っているだけの場合も多い。

冬にサーフィンに誘われても絶対に行かない。

一人でサーフィンをしに行ったりはしない。

できもしない事をアピールすると自滅する原因となるので、ある程度の技術が身に付いてからのほうが身のためですよね(笑)

ちなみにサーフィンが出来たとしてもモテるわけではないので、モテたいから丘サーファーやっているという人は早めに諦めたほうが身の為ですよ。

byマツボックリ

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ページの先頭へ