孫子兵法についての解説

孫子兵法

経営者やビジネスマンなら一度は「孫子兵法」という言葉を聞いた事があるのではないでしょうか。 私もビジネスをするまでは全く知りませんでした。

興味が出てから解説書などを見ながら勉強をしてみるもののあまりよく分からずというのがありました。 全く知らない人の為に説明すると「孫子兵法」とは紀元前500年前ぐらいに孫子と言われる中国の人が戦いに勝つには運ではなくて何か理論に沿って勝つ方法はないのかと思い、戦争について研究、分析、勉強を重ねて一つの書物にまとめたのが孫子兵法になっています。

孫子兵法を一言で説明するとすれば戦争に負けない方法と言うべきかと思います。 中国からの書物なので名言は少し分かり辛い表現となる為、理解に苦しむ人もいるのでは?

孫子兵法はビジネスに幅広く活用されていて、あの大富豪で有名なビル・ゲイツ氏や孫正義氏も孫子兵法を元に成功したと言っても過言ではないとの事です。

ちなみに余談ではありますが、孫正義氏は19歳の時に孫子兵法とランチェスター戦略を融合して、さらにオリジナルを混ぜた孫の二乗の法則というのを作り、それに沿って今まで経営してきて今のソフトバンクのような規模の会社を作り上げたようです。

  • これから孫子兵法を勉強したい
  • 孫子兵法を学んでビジネスに活かしたい
  • などの人にはとても参考になるはず。 世界的に非常に多大なる影響を及ぼすぐらい素晴らしい書物なので理解しておいて間違いなく損はありませんね。

    何回も読み本当に本質的な事から理解が出来ればビルゲイツのような大富豪になれるかも? 孫子兵法には非常に多くの伝えがある為、ここではとても有名な名言を解説しています。

    孫子兵法の有名な愛読者達

    • ビル・ゲイツ
    • ナポレオン
    • 武田信玄
    • 孫正義

    1.敵を知り己を知れば百戦殆うからず

    これは敵は誰なのか?どんなやつなのか?ということ。また、自分自身の実力はどうなのか?を判断出来れば百戦したとしても負けはしないよということです。 実例を挙げるとするならば、あなたが一人で10人もの人と戦うとしたらまともにいけば負けてしまいます。敵がもし何も持っていなければこちらは武器を使えばいいわけですね。そこで武器は使えるスキルがあることを知っていればそのまま武器を使って戦えば負けませんよね。

    2.風林火山

    戦国時代に武田信玄が風林火山と旗を掲げていたのが有名です。武田信玄は持病によって亡くなっていますが、当時に織田信長も恐れていたとされる上杉謙信と5回も戦って引き分けになるほどの強さでした。

  • チャンスがきたら風のようにスピーディーに実行する
  • 準備をしっかりしておき、林のように落ち着いてチャンスが来るのを待つ
  • 火のように立ち向かっていく
  • 山のようにドッシリとして体制を崩さないように
  • 随時更新中

    ※あまりにも情報量が多いので随時更新していく予定です

    byおしょう

    ページの先頭へ

    ページの先頭へ

    ページの先頭へ