やりたいことが見つからない人生|自分らしさを生かせる仕事を探すには

やりたいことが見つからない

「やりたいことがない」という人っていませんか?私の周りに言う人がいませんが、このフレーズを口にした人はいるのでは?

やりたいことがない人は、つまらない人生で終わってしまうのか?

何かは得意なことがあるはず「夢中になれる時間」

自分がやりたいことを見つからない場合は、時間を忘れるほど夢中になったことを思い出してください。

夢中になれる時間にしていることこそが、自分にとってやりたいことでもあるのです。

まあ、ほとんどの場合が、ゲーム、スポーツといった、娯楽が出て来ると思いますが、それで十分です。

それが、自分のやりたいことであり、「やりたいことがない」という言葉はになります。

これは極論になりますが、こうやって考えることで、自分のやりたいことを再確認することができます。

私は、サラリーマンでしたが、サラリーマンが、やりたくないことだったので、辞めました。その後は、現在のようにグダグダとブログ、サイトを作成する毎日を送っています。

自分の得意分野を書き出す

自分が得意だと思うことを、ざっくりでいいのでメモしてみましょう。メモすることで、ある程度自分の強い部分を知ることができ、メモを読み返すことで、客観的に自分を見ることができるようになります。

これだけでは、自分ことを知ることはできませんので、誰かに自分の特徴を教えてもらうといいですよ。主観ではなく、客観的に自分を知ることが大事ということです。

やりたいことは「やってみないとわからない」

やりたいことを探す方法の1つとして「やって見る」ことです。私も、初めはブログを書きたかったから、この仕事をしようという考えはありませんでしたが、現在では、この仕事が天職になっています。

やってみたことで、自分に向いていることに気がついたのです。というか、やっていくうちに、やりたいことになっていった感じですね(笑

私の場合は「書く事」がやりたいことの1つです。視野を広げて、いろんなことに挑戦していくことで、やりたいことを見つける可能性を広げることになります。

競争率が少ない「隙間」を見つける

もし、ラーメン屋を開業することが、やりたいこととします。しかし、このジャンルには、ライバルが多すぎて、いきなり参入しても、うまくいく確率は非常に低いでしょう。

友人などには超絶うまいと言われても、開業して食っていけなければ、ラーメン屋がやりたくないことになってしまうことも...。そうならないために、同じジャンルで隙間を見つけることを考えるのです。

ラーメン作りが趣味の人をターゲットに、ラーメン教室を開くなどすれば、敷居は低いので、いいですね。

ネットを活用する方法もある

今の時代ネットが盛んなので、YouTubeに、「ラーメン屋のラーメンの作り方」といった感じ、動画を投稿することでも、お金を稼ぐことができます。

YouTubeでなくても、ブログでラーメンの作り方を紹介すれば、お金を稼ぐことはできます。ネット上でラーメンセミナーを開催してもいいですね。

このような隙間は探せばあります。わざわざ、競争率の激しいところで、もがく必要はありません。

その先は仙人の領域!誰にも邪魔させるな

私は、サイトやブログを作成する仕事についてから、もうすぐで6年になりますが、未だに勉強不足です。わからない事だらけですが、極めたい一心で、辞めることはありません。

誰になんと言われようが、自分のやりたいことになっているので、止まりません。やりたいことがある人は、その分野を極めようとしています。

しかも、明確なゴールがないので、進むことしか考えません。最終的には、教える側の人間になることができれば、自分を高めることができるようになりますよ。

まとめ

何もしなければ、やりたいことは眠ったまま。とにかく動いて、人の役に立ったり、喜びを感じたりすることを繰り返すうちに、自分のやりたいことは見つかります。

いっそのこと、やりたいことを「なんでも挑戦する」ことにして見るのもアリなのかも(笑

それくらいの勢いは必要です。

自分の奥底に、やりたいことは眠っています。それを引き出すのは自分自身です。やりたいことを叩き起こすためにも、自分から行動していくといいですよ。

byきむ

ページの先頭へ

ページの先頭へ