RUSTというゲームを364時間プレイ|ホラーゲームよりスリル感あるぞ!

RUST ゲーム

steamの中でも人気が高い、RUSTというゲームを364時間プレイしてみました。サバイバル感が半端ないゲームなので、生き残るだけでもかなり大変です。

あなたも、このサバイバルの世界に飛び込んでみては、どうでしょうか?

スポンサードリンク

情報量が少ない

ドラクエやFFみたいにメジャーなゲームではないので、ネット内の情報量がかなり少ないゲームです。

初めての時、操作方法も自分で調べて確認しないと、わからないことだらけでしたね。弓が使えただけでも感動ものでした(笑

クラフト仕方もわからなかったので、本当に手探り状態でゲームをしていましたね〜。それも楽しかったですが。

しかも、最初はMacBookでプレイしていたので、余計にやりずらかったですね。

トラックパッドでは、操作しずらかったので、RUST専用のゲーミングパソコンを購入しました。

食料、飲料の調達が大変

RUST ゲーム

人間が生き残るには、食料と飲料が必要ですが、RUSTの世界でも、この2つがなければ生き残れません。

動物を飼ったりして食料を調達して、しっかりと焼いて食べることで生き延びることができますが、初めは食料調達すら難しく感じますね。鹿の足の速さにびっくりしますよ(笑

まあ、慣れれば簡単狩ることができます。

クラフト要素が豊富

自分の家などをクラフトすることもできます。このゲームの魅力はここにあると言ってもいいですね。

自分で作った家に住むことができますし、ちゃんと鍵をつけることもできます。人数の多いサーバーの場合、夜に人が歩いている足音が聞こえるだけでも、怯えてしまいますよ。

マジで怖いです。何語かわからない言葉を、ボイスチャットで言っているので、余計に怖さが増します(笑

そして、いきなりの襲撃。今までの財産が全て奪われたり、壊されたりとめちゃくちゃに(笑

まあ、ゲームの世界なんで、これも楽しみの1つなのですが、平和が1番いいですね。

家づくりが楽しい

個人的に家づくりが楽しいので、人が少ないサーバーで、ひっそりと家づくりをしていることもあります。

ひたすら木材と石を集めるという、ゲーム内でも仕事をしてる気分です(笑

公式サーバーでは、とても作れないような豪邸を立てることで、一人で満足して、最後はぶっ壊したりと、寂しい遊びをすることも(笑

プレイヤーがめちゃくちゃ強い

プレイヤーとの戦いになることが、たまにあるのですが、強すぎてほとんど倒されてばかり。

持ち物を物色されて、手ぶらになることが多かったですね。それでも、めげずにゲームを楽しんでいましたが。

銃の操作に慣れずに、相手をしっかり狙うことができません。慣れている人は、動きが機敏ですが、私は停止して状態になるので、ただの的になっていることも(笑

貴重なアイテムをゲットすると、逆に怖い

たまに貴重なアイテム(銃など)をゲットすることがありますが、それが逆に恐怖を倍増させてくれます。

家に持ち帰るまでの道のりが怖くて怖くてたまりません(笑

人の足音が聞こえたら、とにかく草むらに隠れるという消極的な作戦でゲームをしていました。もう、バイオハザードよりも、RUSTの方が10倍怖いですよ(笑

銃声が聞こえたら心臓がバクバクしてしまうことなんか当たり前ですから。

外国人と謎の物々交換することも

たまに、優しい外国の方が声をかけてくれ、そこから謎の物々交換が始まることも。木材や石といった、ゴミの交換が始まるのです(笑

まあ、これに関しては、平和的だったので、個人的には良いやりとりだったと思っています。

完全武装している人のほとんどは好戦的な人が多く、見つかった瞬間に終了ということは当たり前の世界なので、このようなやりとりは貴重です。

まとめ

RUSTはゲームの要素もありますが、外国の方とのコミュニケーションも楽しみの1つなのかもしれませんね。私のような消極的な人間を追いかけ回してくれる人もいるので、楽しいですよ(笑

英会話の勉強をしながら、ゲームを楽しむ。

RUSTはこの2つを兼ね備えているので、英語力を高めたい人にも、もってこいのゲームですよ。

リアルな英会話を楽しむことができます。ちなみに、私は英語を喋ることができないので、1人で叫んでいるだけです。

byきむ

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ページの先頭へ