Googleで検索する

Google

Googleで検索する。略称「ググる」。

スポンサードリンク

Googleで検索する事

みなさんこんにちは、マツボックリです。

突然ですが私が愛用している検索エンジンはyahoo!japanです。

察しの良い人はもう何が言いたいのかをお気づきかと思いますが、調べ物をする時に検索エンジンで検索する時に「ググる」という言葉を使いますよね。

この言葉の語源は、「Googleで検索する」ことから来ています。

しかし近年Googleで検索していないにも関わらず、ググるという言葉を使う人が増えています。

人との会話で分からないことがあると、「ちょっとググってみるね」と言ってスマホの中身を覗き込むと、使っている検索エンジンがyahooなのです。

身に覚えがある人も多いのではないでしょうか。

これは私の周囲だけの話ではなく、日本全体に言える事で、「Googleで検索する」という意味を知らない人、そして意味は分かっているに嘘をついている人が多いという事なのです。

ググるという言葉は、おそらく世界的に見てもGoogleが一番利用されているとう事からなのでしょう。

しかし、日本だけに限って言えばGoogleよりも、yahooを利用している人が多いのです。

これは実際のデータで発表されていて、利用率はそれほど大差がないのですが、yahooを利用している人の割合が上回っているのです。

つまり、ググると言いつつyahooで検索するという間違った事をしている人が増えいてるという証拠に他ならないのです。

yahooとGoogleの検索結果

実はこの二つの検索エンジンの検索結果はほぼ同じなのです。

つまりGoogleで検索しようがyahooで検索しようが、同じ結果が表示されるということです。

昔はGoogleとyahooは別々のアルゴリズムで、独自の検索結果を表示していたのですが、現在はyahooがGoogleのアルゴリズムに同調する形となっているのです。

二つの検索エンジンの検索結果の違いは検索してすぐ下に出てくる関連ワードやその下辺りに出てくる広告ページの表示くらいで、それ以外はほぼ同じ結果が表示されます。

つまり何が言いたいのかというと、ググると言いながらyahooで検索してもほぼ同じ結果で表示されるということです。

その他の検索エンジン

最大手で言えば、yahooとGoogleがトップ2なのは揺るぎありませんが、検索エンジンはそれだけではありませんよね。

現在ではfc2・楽天・bing・ライブドア等々、数えればきりがないほどの検索エンジンがあります。

しかしながら、それらの検索エンジンのアルゴリズムはGoogleやyahooとは違っているので、検索結果に違いがあるのです。

というか、全く違った結果が表示されると言っても過言ではありません。

つまり、ググると言いながらbingで検索すると、本当にググっている(Googleで検索している)人と違う事を調べている事と言えるのです。

bingや楽天などの検索エンジンを使うのが悪いことだという事ではありませんが、「ググる」という言葉は不適切なのです。

そして、もっとひどい表現で、「Google先生に聞いてみる」と言う人もいます。

そこまではっきりGoogleという名前を出しているにも関わらず、別の検索エンジンを使っている人がいるのです。

今回の記事は、正直どうでもいい話なのですが、矛盾しているという事が気になったので記事にしてみました。

byマツボックリ

ページの先頭へ

ページの先頭へ

ページの先頭へ